ぴこのねごと

旅とフラと日常と

MENU

日々

ポーランドのアメの味

2018年の1月からフリーランスの経理として働きだした。開業するまでに、いくつかの段階を経て今に至るのだが、正社員歴20年弱の私からすれば、手すりのないつり橋を渡るようなとても恐ろしい第一歩であった。 フリーランスと正社員との大きな違いは、その契…

サウナな人々 - 類は何を呼ぶのか

サウナ、ほの暗く汗ほとばしる空間。 今日もまたそこで、女子たちのよもやま話に花が咲き、熱風が吹き荒れる。 「その人、本当にことわざ知らないのよ」 品のいい見た目のおばあさん、これまでの話ぶりだと70歳は超えているらしい。サウナ常連さんで、この日…

雨の日に座るもの

駅前に止まっている自転車。変わった様子に目にとまるものがある。 大きさは、折りたたみ自転車サイズ。特徴的なのはその荷台部分だ。40センチ幅位のブルーのプラスチック板をアーチ状にし、その前と後ろにもプラスチック板を貼り付けた、中が見えない青いビ…

祈り

7年たった。 未だに津波の映像を見ると、気分が悪くなるし、震災のことを思い出すと涙が出て溢れてくる。 あの時から今ここに来るまでに、7年かかってしまった。 ・税理士の勉強を止めて、会計事務所を辞めて ・事業会社の経理になって、辞めて ・やりたかっ…

此岸と彼岸を行ったり来たり 夏に見たいアニメ3選

とても個人的な事なのですが、夏の時期は試験があったり、外資系企業の決算業務があったり(注:経理担当者がバカンスでいなくて、なかなか進まない)、フラのイベントがあったり、多忙です。 その上、暑さが苦手なので外出をあまりしないし、夏は休まないので…

自分の居場所探しという心の迷宮

人の悩みというのは数多くありますが、「自分の居場所がない」というジャンルも割とメジャーな気がします。私自身は、席が狭くて物理的に座る場所がない等なら理解できるのですが、会社や自分のコミュニティで精神的に居場所がないという悩みがちょっとよく…

経理社員のつまらないこだわり

午後2時半、ランチの後のけだるい時間帯、たまっていたメールもはけて、眠気覚ましにコーヒーでも買いに行こうかというその瞬間に、人事部からそのメールは来た。 「新井さん お疲れ様です。 本日より、部長 斉藤和夫さんは休職となりました。それにともない…

経理社員は見た ~甘いお菓子に群がるのは?

「あの人はお金を持っているぞ」または「持っていそうだぞ」などと認識されてしまうと、その人に様々な人や情報が寄って来るのは世の常。集まってくるのはいいものだけとは限らないのが、悩ましいところ。 いくつかの会計事務所や事業会社内の経理部に勤務し…

マレーシア・シンガポールさんぽ Day3 ー ボーダーを超えて行く

シンガポールからマレーシアに入国すると明らかにマレーシアとは違う都会の雰囲気を感じます。ここは、整然と規律で管理された国、アジアの中心として、色々な種類のアジア人、欧米人が入り混じっています。 シンガポールは、地下鉄のエスカレーターの速さ…

マレーシア・シンガポールさんぽ Day1 ー ボーダーを超えて行く

国境、日本という島国住んでいるからかどうかは分かりませんが、その言葉にとても惹かれます。以前カナダとアメリカの国境の一つ、ホワイトロックへ行った時、この向こうがアメリカなのか、意外と平和な場所だと感じました。韓国と北朝鮮の国境のような物々…

バルセロナさんぽ Day1

何の因果か。導かれてバルセロナへ。 日本で小さくまとまって生きているので、日本の外の世界をよく知らない。 今年は旅する年とは決めたもののヨーロッパには近づかない予定でした。 大学生時代、イギリスに行ったきり、ヨーロッパ方面には行っていないし、…

水が出るのを待ってしまうクセ

最近気がついたクセが、あります。洗面所にて手を洗う時に、蛇口の下に両手をかざしてしまうクセです。最近の蛇口は、センサーで手を感じとって、自動的に水が出てくるものが多いので、ついつい確認もせずに両手をかざしてしまいます。水が出てこないなぁと…