ぴこのねごと

旅とフラと日常と

MENU

サウナな人々 - 類は何を呼ぶのか

サウナ、ほの暗く汗ほとばしる空間。

 

今日もまたそこで、女子たちのよもやま話に花が咲き、熱風が吹き荒れる。

 

「その人、本当にことわざ知らないのよ」

品のいい見た目のおばあさん、これまでの話ぶりだと70歳は超えているらしい。サウナ常連さんで、この日のこの時間には必ずいる。

 

話し相手は、これまた常連さんのおばさん。話好きで、どんな話にもついてきて、一定の理解を示してくれるが、本当にそう思っているかは不明だ。

 

「その人、"類は友を呼ぶ"って言うのよ。私、えっ!て思ったのよ。類は友なんか呼ばないわよね。"類は類を呼ぶ"のよ。友なんか呼ばないわ」

90度の中での熱い主張。つーっと汗が私の背中を流れる。

「それで納得してくれたの?」

 

「全然納得してくれなくて、辞書で調べて、私が合ってるからと言ったのよ。そしたらなんて言ったと思う?」

 

「なんて言ったの?」

 

「2つの言い方があるのかもしれないわね、と言ったのよ。信じられない、本当に日本語知らないのね」

 

おばあさんは、相手の反応が気に入らなかったらしく、イラついた様に言った。

 

それだけで使うんだったら、類は"友"を呼ぶだと思うけど、と暑さでぼんやりした頭で思い、ひとり突っ込んだ。顔面から汗がポタポタ落ちる。

 

それにしても話し相手は、多分正解を知っていたと思うが、そこは敢えて突っ込まず、のらりくらり相槌を打っていた。高等技術だと思った。

また非難されていた人も対立を避け、2つ言い方があるとして、お茶を濁した行為は大人だ。

 

サウナであなたが他の人を聞いている時、また他の人もあなたを聞いているのだ。

 

f:id:Cagedsheep:20180903083017j:image

またヘルシンキのサウナ、ロウリュに行きたいな。