読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのおさんぽ

一人旅とフラと時々落語

MENU

サンライズ出雲に乗って 神話の地へ 島根県出雲・松江あたり その1

 今年は自分の中で、日本神話の地を訪ねたいというテーマがあって、第一弾として島根県出雲、松江へ行ってきました。

 

 旅程はこんな感じです。

 

 弥生時代は、島根県辺りは大陸の文化が伝わりやすい場所だったのと、中国地方では砂鉄が多く採取できたことより、青銅や鉄等を加工する進んだ技術が高い人々が住んでいたと言われているそうです。

 

 今回は行けなかったのですが、358本の銅剣が発掘された「荒神谷遺跡」や39個の銅鐸が発掘された「加茂岩倉遺跡」など古代ミステリーが残っている地でもあります。「出雲大社」はもとより、後鳥羽上皇が島流しになった「隠岐」や世界遺産に登録された「石見銀山」がある島根県、日本で46番目に有名な県だなんて信じられません。

 

 まずは一度乗ってみたかった、寝台列車サンライズ出雲から旅は始まります。東京駅22時発です。シングルB寝台の個室でした。座っているとさほど感じないのですが、横になると結構揺れるし、振動が大きいです。

 f:id:Cagedsheep:20170408130028j:image

 初めて乗った寝台車なので、比較ができないのですが、他の寝台列車に比べると揺れや振動は小さいそうです。進行方向に頭を向けて寝ていると上の換気口から、冷たい風が流れてきて、風邪をひきそうだったので、逆方向に頭を向けて寝ていたら、ちょっと酔った感じになり、あまりよく眠れませんでした。

 f:id:Cagedsheep:20170408130215j:image

f:id:Cagedsheep:20170408132406j:image

通風口を締めればよかったのだと、朝になって気がつきました。

 

 朝6時27分、岡山駅で名物のサンライズ出雲と瀬戸の切り離しを見学に。この瞬間に立合う為に、多くのファンが7号車と8号車があるホームに集まります。7分間しかタイミングが無いので、乗り遅れないように時間を気にしつつ見学します。

 f:id:Cagedsheep:20170408130248j:image

向かいのホームにも撮影してる人が。

 

 岡山駅を後にして、電車は日本海側へ向かいます。東京駅から進行方向右側の部屋だと、車窓から中国地方の最高峰「大山」、汽水湖「中海」が見えます。

 f:id:Cagedsheep:20170408130419j:image

f:id:Cagedsheep:20170408132551j:image

 終点「出雲市駅」は何だかがらんとしています。セブンイレブンがあるので、朝、コーヒーを飲みたい場合にはこちらで飲めます。

 f:id:Cagedsheep:20170408130534j:image

 

    電車つながりで、旧大社駅にも立ち寄ってみました。

 f:id:Cagedsheep:20170408133010j:image

 1924(大正13) 年築の駅舎で1990年に廃駅となった、JR大社駅を公開していました。純和風の真面目そうな建物ですが、屋根瓦に亀がいたり、建物内部の観光案内所の人形が怖かったり、なかなか面白かったです。

 f:id:Cagedsheep:20170408133051j:image

f:id:Cagedsheep:20170408133134j:image

レトロモダンで、今でも使えそうですが、全体的に傾いているような。

 f:id:Cagedsheep:20170408133417j:image

人がいるのかと思ってびくっとしました。

 

    出雲の第一印象、それは人がいない…でした。ここって観光の入口ではないのでしようか。

 

 考えてもよく分からないので、寝不足、頭痛と共にいよいよ出雲大社へ向かいます。

広告を非表示にする