読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのおさんぽ

不思議や奇妙な事,面白い事に心惹かれます。

MENU

とある日のラッシュアワー

散歩
朝のラッシュでぎゅうぎゅう詰めの車内。
開くドア側のドアの前に陣取ったカップルが
おりました。

彼氏は左手につり革、右手に彼女を抱きかかえ
必死に混雑から彼女を守っています。
運悪く、次は乗換えで乗車、下車が多い駅。
駅に電車が到着するとすごい勢いで、
車内に圧縮されていた人々が外に吐き出されます。

その人の流れに流れないように、
車内に踏ん張る彼氏と
そんな彼にしっかり抱きついてる彼女、
そんな健気な二人に容赦なくぶつかり下車する人々。

乗り込む人々の波にも耐えて、
またぎゅうぎゅうの詰めの車内で二人抱き合います。

しばらく同じ側のドアが開閉するので、
同じ事を何度も繰り返したと思います。
私は途中で下車してしまったので、
その後二人がどうなったのかは分かりません。

それから数ヶ月、まだあの二人が付き合ってるのか、
それとも別れてしまったのかわかりませんが、
あの時確かに、あの二人の世界には
あの二人しかいなかった。
すごい奇跡の瞬間に立ち会えたのかもしれません。

ものすごく邪魔だったけど。
いちいち乗り降りすればいいじゃないかとも
思ったけど。

ひつじ


広告を非表示にする